オリジナルTシャツのデザインを作るポイント

一般的なTシャツでは、前身頃の中心部分に
絵柄が入っているというものも多いですが、
オリジナルTシャツでは用途に応じて
効果的な場所に絵柄を入れてデザインするといいでしょう。

上にジャージなどの羽織りものを着ることもあるシーンで
利用される場合には、上着でせっかく入れた絵柄が隠れてしまいます。

すばらしい

そんな時には、前中心の襟ぐり部分に入れても上着から
ちらっと見せることができます。

また、腕をあげるシーンが多いスポーツであれば
脇がよく見えるものであり、前後に入れるよりも脇線部分に
絵柄を持っていくのもデザインのポイントになります。

絵柄の幅が広ければ、前から見ても後ろ姿でも見せることができます。

このように、オリジナルTシャツでは既製品では
入れることがめったにないような部分に絵柄を入れることもできます。

愛用

オリジナルTシャツを作ってもらえる業者には
専門の知識を持ったデザイナーが在籍していることも多く、
用途を伝えてどの部分にどのように入れるのが効果的かを
相談してみるのもいいでしょう。