シンプルなのぼり旗は配色にこだわると効果が高い

のぼり旗というのは、宣伝をする時に活用できるアイテムですが、
高い宣伝効果を得たいと思い、たくさんの情報を載せて
オリジナルののぼり旗を作成することを考える人もいるでしょう。

しかし、あまり情報を詰め込みすぎてごちゃごちゃとしたノボリのデザインに
なってしまうのは好ましくありません。

情報量の少ないシンプルなデザインであっても、インパクトがあれば
しっかりと宣伝をすることができるものです。

問題はどうやってインパクトを出すかです。
お店で使用するのぼり旗であれば、本日ポイント5倍、など
魅力的なフレーズを載せると、お客さんの気を引きやすくなりますから
効果的と言えますが、もう1つ気にしておいた方が良いことがあります。

それが配色で、色のバランスが良ければ見やすくなりますから、
目にとまりやすくなると言えます。

また、イメージに合った色というものがありますから、うまく選ぶことで
宣伝効果を高めることができるものです。

例えば、赤と白の配色というのは非常に相性が良いものです。
紅白はおめでたいイメージがありますし、日本の国旗や
有名な炭酸ドリンクは、赤と白の配色になっています。

とてもシンプルですが、一度見たらしっかりと印象付けられる力があるものです。

赤字覚悟の大安売りをアピールする時には、この配色だと
その内容とマッチして効果的とも言えるでしょう。

saleのぼり旗

なお、のぼり旗を使って墓石や墓地の宣伝をする場合には、
赤と白だときつすぎますから、紫と白にすると良いものです。

このように、たった2色の配色でも選び方次第で効果的な宣伝を行えるものです。

文字や時間帯にヒントあり!のぼりを目立たせるコツ

数多くの店舗が立ち並ぶ繁華街などでは目立つ事が集客効果の明暗を分けます。使用するカラーバランスを考える事が重要です。文字や画像の背景となる、のぼりの生地の色合いは基本的に濃いカラーの方が町中で目に入りやすくなります。

濃い背景に、白色のフォントや明るい色のイラストをレイアウトするのが最適です。可愛いイラストやサービスや製品を宣伝するキャッチコピーが視覚的に判別しやすくなり、道を歩く人々に効果的にアピールが出来ます。配置する情報は必要最低限が原則、大量の文字を挿入するとフォントサイズが小さくなり、返って宣伝力が低下します。

淡い色合いや薄い生地のカラーよりも、濃いピンク色や深みのあるグリーンやネイビーカラーがオススメです。時間帯による工夫も大事であり、よりインパクトのあるマーケティングをしたい場合は時間帯別に複数ののぼりを用意しましょう。

背景色がネイビーやレッド、ブルーやパープル系のデザインは太陽が上がる日中の間に効果的です。特にコンクリートジャングルであるビル街に、そういった色の生地は特にオススメです。一方で夜間に出す物は、背景色が明るめの方が町中でひと目を惹きます。ポップなイエローやオレンジ色、ビビットカラーのライトピンクなどの方が夕方から深夜にかけては目立ちやすく、周囲の暗さに埋もれません。

消費者の不安を解消して購買に繋げる効果的なキャッチコピーの考え方

 

キャッチコピーはすべての広告に使われる重要な要素です。個人経営の商店や飲食店などでは、これを自分で考える必要があります。その際のポイントはどんな人をターゲットにするか決めること。これが曖昧だと誰にも届かないキャッチコピーしか生まれません。またターゲットがどんな不安を持っているか考えることも大切です。

商品を宣伝する方法には、チラシを配布したり店頭にのぼり旗を立てたりなど、実にいろいろなものがあります。
それらの宣伝方法すべてに共通して存在するのがキャッチコピーです。

キャッチコピーとは、お客様の目を引くように作られた文言のこと。
例えば、新聞を開くと本や商品などの広告がたくさん目に飛び込んでくると思いますが、その広告には大きな文字と目立つフォントが使われた言葉が書かれていませんか。
それがキャッチコピーです。

キャッチコピーは商品の写真や価格と肩を並べるほど、広告にとって重要な要素の一つです。
その出来栄え一つで売上を大きく左右することもあるほどです。
大手の会社の多くは、キャッチコピーを含む広告戦略全般を専門の広告代理店に依頼しています。
もちろん、広告代理店に依頼するには莫大な予算が必要です。
しかし個人経営の商店や飲食店などは、そこまで多くの費用を宣伝にかけることはできません。
場合によっては、キャッチコピーやデザインを自分で考えてチラシやのぼり旗の作成だけを業者に依頼する、という可能性もあるかもしれません。
さまざまな理由により、自分でお店や商品のキャッチコピーを作らなくてはいけない方に向けて、消費者が抱える不安を解消し、売上に繋げるためのコピーの考え方を解説します。

キャッチコピーを考える時にまず決めたいことは、どんな人を対象にその広告を打ち出すかです。
ターゲットとも言われるものですが、これがはっきりしていないと誰の心にも響かないコピーしか生まれてきません。広告のターゲットを決める時には、細かく具体的であるほど効果が高いと言われています。
例えばお弁当屋さんの広告なら「営業として働いている女性で、仕事が過酷だからある程度ガッツリボリュームのあるお弁当が食べたいけれど、体型も維持したいからヘルシーなお弁当がいい、と考えている20代女性」といったように、ターゲットとなる人がどのような思いを持ってお店に来ているのか、具体的に想像しながらコピーを考えましょう。

次に、想定したターゲットがあなたの売りたい商品の分野に対して、どんな不安や不便さを感じているのか考えます。先程の例で言えば「初めて買うお弁当が口に合わなかったらどうしよう」という不安が想定されるなら、商品のコピーには「リピート率ナンバーワン」などという文言を加えてあげると良いでしょう。人は、他の消費者の声に強く影響を受けるものなので、「人気ナンバーワン」とか「グランプリで金賞獲得」などという文言があると、第三者のお墨付きをもらえたような気がして安心することができ、結果として購入に繋がるのです。

以上が効果的なキャッチコピーを考える際のポイントになります。ポイントをしっかり押さえれば、必ずやお客様の心に響くコピーが作れるはずです。
誰にその商品を買ってもらいたいのかを考えながら、より効果的なキャッチコピーを考えてみましょう。