全国どこからでも手軽に頼める

店の宣伝には色々な方法がありますが、付近を通行する人たちにアピールするなら看板やのぼりが有効です。

看板は遠くからでも店名を知ってもらったり、見つけてもらうのに役立ちます。
しかし、看板だけではキャンペーンや新商品の情報は伝わりません。

キャンペーンや新商品の情報は定期的に変わるため、看板に表示するよりポスターやのぼりにした方が良いです。
そうすれば、安く簡単に新しい広告を作ることができます。

広告としてののぼり旗

作成を取り扱っている店は沢山ありますが、コストを考えるならのぼり旗ネットがお勧めです。
のぼり旗ネットなら、オンラインから注文できるため近くに店舗がない人でも利用できます。

問い合わせもメールや電話で手軽な上、見積もりも貰えるので安心です。
数も一枚から依頼できるので、のぼり旗ネットを利用する店舗は少なくありません。

比較的早く納品されるので、季節ごとに新商品やキャンペーンがある時でも便利です。

注文する際は、オンラインで電子ファイルを送る形になります。
パソコンやタブレットがあれば、初心者でも難なく挑戦することが可能です。

気になったら、まずは一枚作って店の前にのぼりを出してみることをお勧めします。

スピード重視なら印刷方法に注意

基本的にのぼりは布地になるので、イラストや文字をプリントアウトする形になります。
生地に模様やイラストをプリントアウトする方法はいろいろありますが、速さと安さを重視するならインクジェットがお勧めです。

インクジェット方式は、家庭用のプリンターでも採用されている技術です。
細かなイラストの再現性や色の発色が綺麗なことで定評があるだけでなく、激安で依頼できるという魅力があります。

安価なのぼり

使われるインクは家庭用プリンターとは異なり、布専用のものになります。
なので、激安のインクジェット方式だから雨風に弱いということはありません。

さらに印刷が乾くのも早いので、激安なのに納期が早いというメリットもあります。
初めて作るなら、安くて手軽なこの方法をお勧めします。

キャンペーンではなく、長く使いたいという場合でも問題なく使える方法です。
確かに外に出しておくと日焼けはしますが、他の印刷でもそれは同じです。

発色が少し違うだけなので、何も気にすることなく使えます。
オンラインで依頼するときは、使うインクの種類によってRGBかCMYKのどちらかのカラー形式を選ぶようにしてください。

データを作成して送る前に、問い合わせて確認しておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)